ボクっ娘淫魔の巣窟 二次創作もの 道化師の罠

FC2ブログ

道化師の罠

「えへへ……ボクのおっぱいでぱふぱふしてあげよっか?」

 魔王の城の奥底で、突然現れた新種の魔物。
 ピエロ型の魔物の誘惑に、勇者はどきんっとした。

 可愛らしい女の子型の魔物はにこにこ笑って、俺に甘く囁きかける。

「勇者クンとっても強いんだもん。ボク、驚いちゃった。これくらい強いんじゃ、魔王様だって敵わないよー。ボクみたいな弱々モンスターじゃ、話にならないくらい強いんだもん……ボク、どきどきしちゃった♥」

 ピエロ・モンスターは上着をぱさりと脱ぎ捨てると、ふよんふよんと揺れるおっぱいを見せつけながら……

「ボク、強い男の子が大好きなの……強くって格好良い男の子のおちんちんを、おっぱいで挟み込んで、むぎゅうううって包んで、ぱふぱふして……せーえき、どっぴゅどっぴゅしてもらうのが大好きなの♥」

 ごくりっと喉を鳴らしてしまう勇者……
 確かにこのモンスターはとても弱いし、邪気も感じない。

 少しくらい、良い想いをしたって……

 そう思ってしまった勇者は誘われるがままにズボンを脱ぎ捨てて、びんびんになったペニスをピエロ・モンスターの前に差し出してしまっていた。

「わーい♥ ありがと、勇者様♥ いっただっきまーす♥」

 ふにゅううううう♥

「……!」

 言葉にはならないくらいの快楽に、背をそむけ、ぞくぞくと足が震えてしまう。優しくて温かい二つの乳房に包み込まれたペニスは、オナニーなどでは決して味わえないほどに甘美で、幸せな咀嚼を感じ取ってしまう……

「我慢なんてしないで……すぐ出して良いからね♥」

 ふにゅふにゅふにゅ……♥ 

「……ぁ……ああ!」

「えへへ、ほらほら、おっぱいの感触はどうかなー勇者様。我慢汁がトロトロ出てきて、おちんちんピクピク震えてるみたいだけど……ふふっ♥」

 ぴちゃぴちゃといやらしい音を立てながら、ねぶるおっぱいの感触にペニスはすぐに限界を迎えてしまう。

 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅっ!!

「……!!!!!!!!!!!!!!」

 甘美な快楽と共に精液がピエロモンスターのおっぱいを汚す! あまりの快楽に全身が喜びに打ち震える一方で……

「……………?」

 体から一気に力が抜け、強い疲労感に襲われ始めた……
 あまりに突然のけだるさ。

「あン……♥ あはっ……いっぱい出てる……えへへ……キミのおちんちんも嬉しそうだね……♥ あ、でもね。勇者様。すっかり言い忘れてたんだけどー……」

 くすくすと笑いながら、ピエロモンスターは言う。

「ボクのおっぱいに射精させられちゃうとね、勇者様の力……ボクのおっぱいに吸い取られちゃうんだよ♥」
 
「……!?」

「ボクたちみたいなえっちで可愛いモンスターはね、勇者様を倒す為に特別な力があるんだよー♥ こうして誘惑して、おっぱいにおちんちん挟んじゃうような勇者様を――」

「!」

 ふよんふよんとおっぱいが揉みしだかれ、甘く刺激的な快楽がペニスに襲い掛かる!

「えい♥ えい♥ えいー♥ って、やっつけちゃうの♥ でも大丈夫、勇者様とっても強いもん。1回や2回出しちゃっても魔王様なんて簡単に倒せちゃうもん♥ だからもうちょっと楽しんでも大丈夫だよ♥」

「あ……ぁあ……」
 頭に桃色のもやが沸き、ふよんふよんっと甘い咀嚼を続けるおっぱいに釘付けになってしまう……

「じゃあ、もう一回出しちゃおっか♥ 魔王様なんて簡単に倒せちゃうくらい強くなったんだもん。頑張って修行したんだもん。これくらい気持ちよくなってもバチは当たらないよ♥」

 ふよんふよんと勇者のペニスを追い詰めていくピエロ・モンスター。そしてすぐに限界はやってくる!

 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ……!

「あはっ♥ またこんなに出しちゃってー……ホントにおっぱい大好きな勇者様だなぁ♥ えへへ……いいよ、もっともっと出して。魔王様なんて簡単にやっつけられるんだから……」

 この後も勇者はどんどんとピエロモンスターの誘惑に負け、射精を続けていく……そして最後の最後には、ひのきのぼうをもち、最初の村を旅立った、無垢な少年に戻っていた……

「えへへ……ほらほら、坊や。もっともっとボクのおっぱいで気持ちよくなって良いんだからね。
 ボクのおっぱいがキミの旅の終着点。ここで気持ちよくなって、何もかも忘れてボクの虜になっちゃうの。それで、キミの旅はお・し・ま・い♥」

 ピエロモンスターの甘い声だけが聞こえる。
 彼女の声が聞こえるだけで幸せな気持ちになってしまう……

「えへへ……いいから、ね。世界なんて救わなくて……っていうか、キミにばっかり押し付けて何もしない人たちなんて救わなくて良いの!」

 彼女とふたりでいられる。
 こんなに幸せなことはない……

 勇者はもはや、精を搾り取られるだけの、射精人形だった。



 優しく誘惑し続ける、勇者殺しの魔物はにっこりと笑ってこう言った。

「キミだけが救われればいいんだよ♥ ……ボクのおっぱいの中で、ね♥」





END

二次創作もの 道化師の罠COMMENT(0)