ボクっ娘淫魔の巣窟 2012年06月

FC2ブログ

同人ゲームのレビュー 『淫魔搾精』

 前々から楽しみにしてた作品が発売されたので、レビューさせて頂きます。


 ただ、楽しみにしていた分、否定的な意見が多いかもしれません。
 しかし事前に公開されていた体験版も短く、当初の私のようにご購入を考えていらっしゃる方の参考になるかなぁと、私なりのレビューを載せて頂きたいと思います。

 まず持ったいないなと思うのは、ヒロインたちをあまり掘り下げないまま次に進んでしまうことでしょうか。

 妹、幼なじみの委員長、寡黙な巫女の女性、それに気が強いギタリスト。序盤で彼女らと多少愛着を持てれば良いのですが、ほぼ全員顔みせ程度で、あまり親しくなれないうちに事件が起こってしまいます。

 その為、初期段階での「このヒロインを何が何でも助けるんだー」的な盛り上がりには欠けます。物語の合間でのヒロイン描写はしているのですが、(私の主観もあるのでしょうけれども)親しみを持ちやすいキャラと、ちょっとこういう展開になるのは難しいんじゃなかろうかと思われるキャラクターがいます。個人的に一番愛着を持てたのは妹さんでした。

 後者の場合は、あまり性格描写も多くないために自然にそうなるまでの過程が不鮮明だ、ということなのかもしれません。これもやっぱり『最初のつかみ』である程度抑えられれば回避できたのかもしれません。

 あと多分ですが、キャラ別END……あるのかな? って感じもしますね。
 おそらくグッドエンドっぽいものにはたどりついたのですが、他のヒロインとフラグを立てるような場面を思いつきませんし……ヒロインが多数なのに、個別に達成するものがないのでちょっと消化不良かもしれません。

 何にしても『最初のつかみ』が弱い、というところが残念でしょうか。
 もっとも、私も物語のつかみが難しいことは身をもって知っていますので、こればっかりはやっていくしかないんでしょうね。(´・ω・`)

 あと主人公も初期には感情移入が難しいかもしれません。
 1999年の世相を言うと、オカルトブームもあったし、世代的に主人公は高校生なのでジュブナイル的な展開に憧れるのも分かるのですが……初対面の巫女さんから「この学校でよからぬことが起こっている」というようなオカルト発言を簡単に信じてしまえるところあたりが、プレイヤーに同じ目線に立ちにくくさせています。

 歌つきのオープニングのデモもあるのですが、スキップできる方が良かった気がします。ちょっと世界観にひたりにくいかなぁと思いまして。

 良いところとしては、魅力的なサキュバスが多いという点、なのですが、魅力的なキャラであるが故に、出番が少ないのが悲しい。本当に魅力的なサキュバスは多いし、胸責めをするロリサキュは私的にとてもストライクでした。

 ただ、基本サキュバスの出番は一度ずつで、「この娘の出番はコレだけかー」と残念に思ってしまいます。正直ゲーム内容を本当に「サキュバスに襲われるのを回避する」、ということに特化して脱出をメインに考えた方がスッキリしたのかもしれません。

 もっとも製作の難しさは知っているので、形にするまで大変だったろうなぁとは思いますが、個人的には以上の様な感想を持ちました。否定的な意見が多いですが、確かに光るところもありますし、もし興味がある方はプレイしてみてはいかがでしょう?

COMMENT(4)TRACKBACK(0)