ボクっ娘淫魔の巣窟 2012年11月

FC2ブログ

途中経過をお伝えします。

1、自作の同人作品に関して。

同人作品第二弾「誘惑魔性 ピンクハネムーン」に関して、
別の声優さんに依頼をしなおし、正式に受理して頂けました。

12月半ばにデータが届く予定ですので、早くてもクリスマスか、あるいは調整に時間が掛かれば年末、新年辺りになると思います。もうしばらくお待ち下さい。

あと同人作品第三弾として、このサイトではおなじみ「ボクっ娘魔王に誘惑される勇者」を、「ふらぐめんと♪」とは別の視点から製作中です。こちらも少しずつですが製作し続けていますので、もうしばらくお待ち下さい。

本当に、自分が立てた予定が大幅に変更することで、皆様に大変ご迷惑をおかけして心苦しいですが、今後このようなことがないように、色々気を使いたいと思いますので、よろしくお願い致します。

2、本日発売の注目作品に関して。

 さて、本日はとても興味深い作品が発売されましたので、ご紹介させて頂きたいと思います。


こちらは「RPGの女ザコ敵 複数人に逆レイプされるエロい絵」でお馴染み、イクセス・エム様が製作されたアクションゲーム『王様はおねショタの夢を見る』です。

ゲーム形式としては ファ●ナルファイト等でおなじみベルトアクション方式。
『射精してしまったら世界が滅びる』ことになってしまった少年が、魔王に操られた女性に逆レイプされないように進んで行く、というゲームですね。

複雑な操作性はなく、しかも最初からステージセレクト、オリジナルステージも作ることができるということで、自分好みのキャラに逆レイプされることが自由自在となかなか凝った作りになっています。

製品版もプレイしてみましたが、敵の数もかなりいて、本当に手間隙をかけ、丁寧に作られているのが分かります。本当によくここまで作り込めたなぁと関心致しました。

多少厳しいことを言うなら、1ステージが長いという点でしょうか。
公式ブログでも紹介されていますが、このゲームは「主人公が覚醒し、悪魔を倒せるようになるまでの7日間」をステージにしており、合計7ステージあります。それで1ステージごとに場面が10近く区切られて、場面ごとに敵を特定の数だけ撃破すると、次の場面に切り替わる仕組みになっているのですが――

ステージ、場面の多さと比べると、敵の種類には限りがありますから、どうしても同じ敵キャラクターを何度も登場させざるをえない。その為、個人的には「前のステージにもいた同じキャラを何度も何度も倒す」という作業感は覚えてしまいました。

主人公は一応、素手の他に武器を使って攻撃するというギミックが搭載されていて、ステージごとに武器が変わったりするのもかなり面白かったんですが、やはり場面数は半分くらいでよかったのではないかと思います。

もっとも、エロゲーとして楽しむ分には「オリジナルステージ」でフォローできますから、致命的な欠点にはならないと思います。物語を楽しみたい人にはちょっときついかもしれませんが。

もっとも、これだけの数の敵キャラクターを差分ごと作って、しかも複数体いる時には別の責め方をしてくる等のこだわりと、それに対するクオリティは凄まじい。

逆レイプではありますが、ソフトな言葉責めも多く、優しくされながら射精というパターンも多かったので、個人的嗜好にもあったエロゲーとしてもなかなか素晴らしいと思います。おねショタ、集団に逆レイプされる等などの嗜好を持つ方にはおすすめです。

あと小ネタが面白かったですね。マンガに詳しい方が見るとニヤリとしてしまうネタがチラホラと。元ネタが分からなくても、かなり面白いと思いますよ。

体験版だけでもやってみる価値はあるので、是非ご参考にして見て下さい。

またWindows7の場合、ゲーム起動時に不具合が生じる場合があるようです
どうやら日本語入力モードと関係があるようですね。もともと格闘ゲームツクールはWindows2000用のプログラムであり、当時使われていた仕様を前提としている為に起こるエラーのようです。

ですが「日本語環境をMicrosoft Office IME 2007から別のもの(Vista付属のMicrosoft IMEなど)に変更する」とプレイできる場合があります。実際私のパソコンもWindows7ですが、変更後は普通にプレイできるようになっています。

一応、参考までに変更方法を書いてあるリンクも記入しておきますね。

私のパソコンは一応、以上の方法でプレイできるようになりましたが、それでも直らない場合は他の要因が考えられますね。ひとまず体験版をプレイしてみて機能しなかった、という方は上記の方法をお試し下さい。

あと毎度お馴染みネイティファス様から新作ボイスドラマが出ました。


どこかで見たことがある、あるいは見覚えがある人はご名答です。
前作のマインディアにも登場した中ボスの「セラ」先生主演のボイスドラマです。

世界を救う為に向かってきた勇者の少年を「でちゅか~?」と赤ん坊に話すような言葉で巧に誘惑し、無力化させてしまう。マインディアの「セラ」先生が好きだった人にはおすすめですね。

あとどうやら個人的MVPだったボクっ娘「パラノン」ちゃんのボイスドラマも出るようなのですがー……転生後じゃないといいなー……orz

さてそろそろ寒くなってきましたが、皆様も体に気をつけてお過ごし下さい。

次こそは朗報をお伝えできるように頑張りたいと思います。
では、失礼致します。

COMMENT(2)TRACKBACK(0)