ボクっ娘淫魔の巣窟 ボクっ娘インプ

FC2ブログ

ボクっ娘インプ

 かぷっ……♪

「はぁぁあぁ……」
 耳元に甘美な痛みが走る。
 彼女の小さな八重歯が僕の耳を甘噛みしたのだ……

「えへへっ♪ どーだー、ボクのキバでカプってされた気分はぁ♪」
 彼女はパタパタとコウモリの羽で羽ばたきながら、くすくす笑っていた。  
 体長30センチくらいの小さな人影――人目見ただけで「小悪魔」という印象のある、黒髪のショートカットに同じ色のレオタードを着た少女の姿をしている。

『インプ』――この辺りに現れる、妖しくも人を惑わす悪い妖精。
 とあるパン屋さんに遊びに行こうとしていた少年はこのインプに襲われ、突然耳を噛まれてしまったのだ……

 痛いはずなのに柔らかく。
 噛まれてるはずなのに気持ち良い。
 ウブな少年にとって、それははじめての感覚だった。

「もっともっとカプカプしてあげるね……っ♪」
「はぅ……はっぁ……」
 甘く、甘く、まるで焦らすように快感を与えられて、全身から力が抜けていく……
 たまにイタズラっぽく息を吹き掛けられたり、耳をぺろりと舐められたりして、体中がぞくぞくとした快感が通り抜けていく……

「あはっ♪ かぁわーいっ♪ まるで女の子みたいだね、キミ……でもあんよの間には、おっきなものぶらさげてるんだねぇー♪」
 インプはコウモリの羽をぱたぱたさせて、耳元から股間へ移動すると、薄いズボンの上から小さな口でぺろーぺろーと円を描くように舐め取っていく……

「は、はぅ……はぅう……」
「あははっ♪ 上から舐めなめされただけで気持ち良いんだ? キミって本当にウブで可愛いね……ボク、キミみたいな男の子大好きだよ……♪」

 妖しく微笑みながらインプはぱちんっとウインクをした。
 ほわぁ……と頭の急激に桃色の靄に包まれて、睡魔に襲われた時のように頭がぼーっとしてしまう……

「えへへ……良い気持ちでしょ? これが【魅了】の魔法なんだぁ♥
 可愛い男の子がいたらね、こうやってボクに夢中になってもらうの♥ ほらほら♥」

 ぱちん☆ ぱちん☆
 と、可愛らしいウインクの直撃を受けるたびに、少年の胸が高鳴る……!

 目の前の少女に、いつまでもいつまでも見蕩れてしまう……

「へっへー♪ もう逃げられないよ♥ そのままぼーっとして……キミはずーっとずーっと、この森から出られない……イタズラ好きな可愛い妖精に惑わされて、一生ここで気持ち良いことされちゃうの♥ 嬉しいでしょ?」

「そ、そんな……は、はぅぅうっ!」
 ズボンのチャックを降ろされ、外に出され我慢汁だらけになった小さなチン○を、
インプはぺろっ……ぺろっ……と鈴口を舐めていく……!

「あはっ、甘くて美味しいねっ♪ でも……ボクが欲しいのはとーめいなのじゃなくて、白いのが欲しいなぁ……っ♪」
 ぺろぺろぺろっと舐める勢いが上がっていく……
 ちょうだい……ちょうだい……ちょうだい……
 妖しく目を細めながら、誘惑してくるインプ……少年の心は徐々に彼女のテクニックと魅了の前にとろけていく……

「ふふっ、もっともーっとボクを見て……ボクのこと、好きになって……♪」
 甘い声に促され、少年はインプの顔を真正面から見据えてしまった。
 妖艶な微笑を浮かべたまま、パチンっとウインクされ、少年の頭の中はインプのことでいっぱいになってしまう……!

『ねぇ……ボクと一緒になろっ♪』
 頭の中で描き出されるインプは自分より大きなお姉さんのようだった。可愛らしくて、妖艶で、ずっと一緒にいたいと思ってしまうお姉さん……

『……ほら、おっぱい気持ち良い?』

『もっとモミモミして良いんだよ?』

『ボクのアソコでいっぱい気持ちよくなってね……』

「ふっふわ……」
 少年はインプと抱き合いながら、おっぱいを顔に押し付けられ、チン○をアソコに包み込まれてしまっていた……!!
 あまりの締め付けと柔らかさに何もかも吸い尽くされてしまう……!

 どぴゅっどぴゅっどぴゅっっっ!!!!

「ふっふわぁあぁあぁ……」
 現実の中では、少年はインプに何もされていなかった。
 ただ術に魅了され、幻影の快楽の直撃を受けてしまった為にインプの小さな体を精液塗れにしてしまっていたのだ……

「えへへっ♪ 可愛い童貞少年クンのせーえきシャワー、気持ちよくってサイコーっ♪ ボクにもっともっと、キミのあつーいザーメンぶっかけてぇっ♪」
 色っぽいセクシーポーズを決めながら、少年にまたウインクを飛ばす。少年は恍惚とした表情のまま、永遠にインプに熱い精液を放ち続けた……

 数日後、少年は無事に保護された。
 だが結局またその森に出かけては戻り出かけては戻り――そしてある日、 二度と戻ってこなかった。




-THE END-

ファンタジーもの インプCOMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する