ボクっ娘淫魔の巣窟 不思議なヘルス

FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

不思議なヘルス

「えへへっ♪ そんなにボクのおっぱいが気になっちゃう??」

胸に押し付けたおっぱいをぽよんぽよんと押したり引いたりして挑発してみせる。柔らかいおっぱいが押し付けられるたびに柔らかい感触と甘い香りがして、あまりの気持ち良さに声が出そうになってしまう……!!

「あはっ♪ キミの弱点発っ見~っ♪ 押し付けれただけで声を出しちゃうなんて……」

くすくす笑いながら、メイは妖しく耳元で囁いた。

「……キミ、おっぱいが大好きなんでしょ♥

ボクのおっぱいにおちんちん挟まれて、ふにふにされたいんでしょ?

――くすっ♥

それじゃあ望みどおりにしてあげるよ~っ♪

でもね……イイコト教えてあげる♥」

無邪気で甘い口調なのに、底冷えするような雰囲気を交えて――

「ボクのおっぱいに挟まれて生きて帰れたオトコのコはいないんだよ♥」

メイはゆっくりと、それでいて決して抵抗できないほどスムーズな動きで、目の前に腰を下ろすと、見せ付けるようにして、ペニスを自分の豊満なおっぱいに挟み込んだ……っ!!

あまりに甘美なおっぱいの感触に、おちんちんは簡単に懐柔され、我慢汁はとろとろと流れ落ち、今にも射精してしまいそうになってしまう!!

 

イク!

我慢!

二次創作もの 妖魔の城COMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。