ボクっ娘淫魔の巣窟 不思議なヘルス

FC2ブログ

不思議なヘルス

どくん! どくどくどくどくどく……!

あまりにメイの太ももとパンティーの感触が魅惑的な刺激を生み出し、ペニスから精液が溢れるばかりに飛び出していった。

「やぁんっ♪ ボクの太ももベトベトぉ~っ♪

しかもパンティーにまでせーえきついちゃって、いやらしい汁が混ざり合っちゃった~っ♪」

嫌と言っているにも関わらず、しばしスマタをとめながらメイは嬉しそうに、健康的な笑顔を浮かべて言った。

「も~っ♥ スカートとかガーターベルトまでせーえきでベトベト♥
これじゃあ、お掃除とか出来ないじゃないか~♥

もう、そんなえっちなオトコのコは、ボクの太ももで搾り出しの刑だっ~♥

ボクのパンティーのいやらしいお汁まですりすり磨り込まれて、全部どぴゅどぴゅしちゃえ~っ♪」

実に嬉しそうな死刑勧告を決めた後、メイは再びスマタでピストンを開始し始めた……! あまりに魅惑的な刺激にどんどんとまた精液が沸騰し、搾り取られていく……!!

どくん! どくどくどくどくどく……!

どくん! どくどくどくどくどく……!

どくん! どくどくどくどくどく……!

あまりの快楽に、意識がどんどんと白濁していく……

「ほらほら~、もっと搾り取っちゃうゾ~♥」

メイの無邪気な声と柔らかな調教が、最後に感じたことだった……







―NEXT―

二次創作もの 妖魔の城COMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する