ボクっ娘淫魔の巣窟 Jail Breaker ~脱獄囚~

FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

Jail Breaker ~脱獄囚~

「フニィ……ぼ、僕はもう……っ!」

 もはや誘惑の前に理性を完全に破壊されたルークは、愛しさと肉欲のままに、フニィの中に挿入してしまう!

「あっ! る、ルークンのすごい……お、奥まで入って……――きゃううっ!?」

 奥にまで挿入すると、まるで膜のようなものを打ち破る感触がした。これは、まさか……

「ふ、フニィ……っ!?」

「……だ、だからボクはオチこぼれ、なんだってば……」

 フニィは本当に切なそうに……掠れた声で言い放った。

「……はじめては……好きな人としたかったんだもん」

「フニィ……」

 愛しさで心が締めつけられる。目の前にいる淫魔を愛してしまいたい、全てを受け止めてしまいたい……彼女の想う通りにしてあげたい……

「……ねぇ、いっぱい、して……キミが思うくらい……いっぱい、突き上げてっ!」

「……っ!」

 もう我慢できない。フニィを気持ちよくさせて上げたい。ルークは腰を前後に動かし、何度もペニスを差し入れする!

「あ、あああ……」

 少し差し入れするだけで、ペニスが膣圧によって締め付けられ、熱く蠢く膣の壁とひだに全てを吸い尽くされそうになり、頭が灼熱のように熱くなりながらも、快楽に耐え腰を振る!

(ああ……き、気持ち良いっ!! だ、出したいっ!き、気持ち良い……ああ、た、耐えられないっ!! で、でも……)

「いやぁ……もっと、もっと突き上げてっ! キミのおちんちんでボクのことイカせてぇ……っ!」

 本当に、ただの人間の女の子の様に懇願してくる淫魔の少女の喘ぎ声に一緒にイキたいと思う気持ちが湧き上がる……!

「ふ、フニィ……い、一緒にイこうっ! 僕も、が、頑張るからっ!」

「う、うんっ! 一緒に、ボクと一緒にイってぇ……っ♪ ああんっ!!」

 あまりの強烈な快楽に頭が真白になり、ペニスが限界になるほど強く勃起しながらも何度も何度も膣の中を動かしていく。

「ルークン、ボク、大好きっ! キミのこと大好きっ! ずっと、ずっと前からっ! だから、だからっ!!」

「ぼ、僕も、フニィのこと、好きだっ! 好きだっ好きだっ好きだっ! 大好きだっ! ――愛してるっ!!」

 限界を更に超え、もはや苦痛にまで到達していたその時――

「る、ルークンっ! ボ、ボクもうっ! い、イッちゃ……イっちゃうっ!!」

「うっ、うわああああふ……っ!!」

 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ!

 フニィの膣が最後に一気に締め付けられた瞬間、全てを射ち放っていた……



「はぁ……はぁ……はぁ……はぁ……」

「ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……」

 ルークは草原の上に寝転んだ。満身創痍というか、指一本動かすことも出来やしない……でも清々しい気分だった。横には、一緒に横になったフニィもいる。彼女も本当に息を切らせているようだった……

「ハァ……ハァ……ルークン、ゴメンね」

「はぁ……はぁ……な、何がっ?」

「ボクの愛液って……人の警戒心を解く効果があるの……だから、ちょっとでも舐めると、頭の中ぼーっとして、誰にも警戒できなくなるの……親しい人なら、なおさら……」

「……」

「……ボクはもう、満足だよ。キミと、最後に出来たから……だから、キミが、人間界に帰りたいっていうんなら……それなら……」

 もし望むのなら、このまま人間界に戻ってもいい、そう言っているのだろう、この淫魔は……

「ダメだよ……フニィ」

 ルークは、息を整えてから、ハッキリと言った。

「僕は負けたんだ……ううん、勝負にじゃなくて……」

「……」

「フニィに、負けちゃったんだ……」

「ルークン……」

 ルークの告白を聞いて、フニィが嬉しそうに笑う。
 その笑顔を見ただけで、ルークの心に幸福感が生まれ、抱きしめたい衝動に駆られてしまう…… 

 これが本当の「魅了」というものなのだろう……

 フニィが幸せそうに笑うのが、嬉しくて仕方ない。彼女の為なら何でも投げ打ってしまえる……そんな甘い感情に心が包み込まれてしまう……

「えへへっ♪ いいのかなー?」

 フニィはにこにこ笑っていった。

「ルークン、大っ嫌いな淫魔の慰み者になっちゃうんだよっ? しかも今までよりずーっとずーっと厳しいんだからねっ♪ ……それでも、いいの?」

「……うん」

 ルークは笑顔を浮かべて、言った。

「それでも、じゃなくて……それがいい」

「ルークン……」

 フニィは、一瞬照れたように頬を赤らめてから――

「あ、あははっ♪ 何言ってるんだよっ! キミは淫魔の誘惑に負けちゃったのっ! だからもう、毎日毎日どぴゅどぴゅっ、どぴゅどぴゅっ♪ 搾り出されちゃうおまんこ奴隷クンっていう無様な生涯を送るんだからっ♪ もー自由な人生なんて残ってないよっ♪ 覚悟してねっ♪ えへへっ♪」

 照れを隠しながら本当に嬉しそうな声を聞いて、ルークは永遠に彼女の奴隷となることに至福を感じ始めていた……



 ルークは脱獄に失敗し牢獄に連れ戻された。だが一度は最初の場所に戻されはしたが、数日後にはその淫獄ではない別の場所に幽閉された。ルークが連れ戻された淫獄の名は――

「あはっ♪ ルークン、いいよぉ……っ♪ もっともっといっぱい突いてえっ♪ ボクのおまんこにぃ……キミの精液どぴゅどぴゅしてよぉっ♪」

「ちょ、っちょっとっ! うっ、うあああああああっ!!」

 可愛らしい懇願の声とは裏腹に、妖艶に蠢く膣の感触にペニスは完全に翻弄され、一気に精液が沸騰し限界を押し切る!

 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ!

「あン……ふふっ♪ 今日もボクのおまんこに負けちゃったね。おまんこ奴隷のルークン、えへへっ……♪」

 射精すればする程嬉しそうに腰を振って挑発してくる……
 命が吸い出されているはずなのに、ルークはそんな彼女を愛おしいと思ってしまう……

「恋獄」……愛しい淫魔の甘い罠にはまり、永遠に続く甘い甘い新婚生活が続いていく……
 淫呪によって不老となり、お互いに夢から覚めることなく、永遠に続き続ける甘い夢の世界……それは最高で、決して抜け出すことの出来ない最強の牢獄だった……



「あぁンっ……!」

 ルークは後ろから松葉崩しの形で挿入した。いつもフニィに主導権を握られ、射精させられ続けてきたのだ。今日こそはフニィを先にイカせてやると意気込むのだが――

「うっ、うわぁ……」

「えへへっ♪ まだちょっと締め付けただけなのにぃ……ふふっ♪ 300年経ってもボクのおまんこにめろめろなんだねぇ、ルークンちんちんはっ♪」

 うにゅうにゅっと優しくからかうように、膣のひだひだが絡み付いてくる……っ!! もう何度も何度も吸い尽くされてきたその感触に、ペニスは喜んで勃起していく……!

「な、舐めるなよっ! フニィ……」

 自分だって、ダテにただフニィの膣に吸い尽くされ続けてきた訳ではないのだっ! 何度も何度も吸い尽くされて、多少の持久力は付いている……!

 ルークは覚悟を決め、呼吸を整えてながら強くペニスを出し入れする!

「はうぅんっ! あっ……! る、ルークンすごいっ!」

「……い、いつも、いつも、フニィに射精させられるだけじゃないんだっ! ぼ、僕だって、フニィのこと……気持ちよくさせてやるっ!!」

 勇んではペニスをひだひだの中に挿入し、快楽に負けまいと歯を食いしばって耐えるっ! だが――

「あんっ♪ ああっ♪ す、すごいよっルークンっ♪ で、でも負けないんだからっ♪」

「……っ!? あ、あぐぐっ!?」

 ひだひだの締まり具合が変わる。
 緊張したペニスをやわやわと揉み解すかのように、優しく、導くように射精を促していく……

「へへっ……頑張ってくれて……とっても、嬉しいよ。でも、いいんだよ。キミは人間で、ボクは淫魔なんだから。キミを快楽に溺れてくれれば、ボクはそれだけいいんだよ?」

「あ、あううっ…い、嫌……僕は……僕は、フニィの……ことを……気持ちよくさせ……」

「……ルークン」

 切なそうな顔をして微笑みを浮かべていたフニィだったが。

「……えへへっ♪ ありがとっ♪ でもぉ……ふふっ♪ ルークンはまだまだ甘々クンだよっ♪」

 フニィの柔らかい膣圧が、ゆっくりゆっくりとルークのペニスを包み込み、全てを誘い出そうとしてくる……

「ボクは淫魔なんだゾっ♪ 300年くらい頑張ったからってフツーの人間クンだったキミに勝てるワケないのっ♪ ほら、こーんな優しい膣圧、初めてでしょ? えへへっ♪ おまんこでおっぱいみたいに優しく包んであげれたら気持ち良いかなーって思ってさ、この間思いついたんだっ♪」

 ほんの少しの思いつきで、こんな力を……!?

 そして今までの何倍もの快楽を生み出す力を手に入れるなんて……ルークは驚きと無力感を感じた。

「えへへっ……まだまだ300年じゃ足りないよ。600年、900年……ううん、もっともっと……ずっと先にならないと、キミはボクに勝てっこないんだからっ♪ だから……」

「あ、ああああああああああああああああああああっ!!」

 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ!

 優しい締め付けがペニスを包み込み、もはや全てを搾り出してしまうっ!!



「だから、それまでずーっと、ボクのこと、愛してね……」



 優しい囁きが、絶望をもたらす……

 だがそれは非常に幸福で甘美な絶望だった……




-BAD END-

二次創作もの Jail BreakerCOMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。