ボクっ娘淫魔の巣窟 夢魔と昼寝

FC2ブログ

夢魔と昼寝

 温かな日差し。

 優しい風。

 俺の頭をなでる優しい手。
 
 柔らかい人肌のひざ枕。


『ねぇ』


 優しい声が掛けられる。

 甘い甘い女の子の声。

 まるで優しくも心地良い子守唄……


『ボクのヒザ枕、気持ち良いかな? ふふっ』


 ああ、心地良い……

 とっても、心地良い……


 でも起きなくちゃ。

 起きて頑張らなきゃ……


『いいんだよ、頑張らなくて……』


 声は優しく、温かく、心地良く、俺の心を奪っていく……


『キミは頑張らなくていいの。

 このままずっとずっと眠ってていいんだよ?』


 優しい声は俺を受け入れてくれる。

 優しい手は、俺をずっと愛撫する。


『キミはもう、この夢からは出れないの。

 ぜ~ったい♪』


 ふよんふよん♥

 と、上から柔らかい二つのクッションが置かれる。

 更に眠気が優しく、頭の中に浸透していく……

 代わりに股間が熱く、勃起していく……


『あ、大きくなっちゃった……ふふっ♥

 ここはキチンとぴゅっぴゅしとかないとね……』


 さわり……

  さわり……


 股間を優しくなでてくる。

 それだけで、すぐに出してしまいそうになる……


『我慢しないで、いっぱい出していいよ♥

 夢精ってとーっても気持ち良いんだから♥』


 うん、と返事をして……

 俺は無抵抗のまま、快楽に身を任せる。


 ぴゅっぴゅぴゅぴゅっ……


 我慢していたおしっこを出した時のように、

 ぞくぞくとした快楽が体を抜けていった……


『はーい、スッキリしましたねー♥

 じゃ、今度はねんねしましょうかー♥』


 優しい声が頭に響き渡っていく……

 射精したからか、もう眠くて眠くて仕方ない……


『もう、起きなくていいよ……くすくす。

 ずっとずーっと、この夢の中で、一緒に暮らそ♥』


 俺はもう何も分からない……

 もう何も……


 全てが優しい快楽の中にとけていく……

 

 

-THE END-


妖女もの 夢魔COMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する