ボクっ娘淫魔の巣窟 欲望の塔

FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

欲望の塔

 キミはパイにキスをしたいから、目を瞑っていて欲しいと頼んだ。

「あ、ウン……え、えっと優しくお願いします……」

 初々しいことを言うパイに一瞬ドキッとしてしまう自分がいたが、それをどうにか堪え、キミはパイから牢屋の鍵を取ると、そのまま牢屋の外に出て、パイを閉じ込めてしまった。

「あうっ!?」

 騙されたことを知ったパイは鉄格子をつかんで、言う。

「だ、ダメだよ……っ! こんなことしたら――キミはボクの旦那様候補として連れてきたんだからっ! だ、脱走なんてしたら、キミがみんなに狙われるよ! みんな人間を殺すまで搾り取っても何にも感じないんだから!」

 パイは本気でキミを心配しているようだ……
 でも、ここから脱出しなければならない。 キミはパイに謝罪しつつ、外へ出た。一刻も早く、この塔から外へ出る為に――



 次の階へ

二次創作もの ゲームブックCOMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。