ボクっ娘淫魔の巣窟 欲望の塔

FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

欲望の塔

 淫精の誘惑に負け、お花畑に近づいていく……
 キミの目に映るのは三人の淫精たち――

 可愛らしくも妖艶な微笑を浮かべながら、彼女らは艶かしい手招きでキミを誘っている……

「来て……お兄さん」
「えっちしよ……いっぱい、気持ちよくしてあげる……」

 キミは彼女らに完全に魅了されたかのように、ふらふらと近づいていってしまう……

「こんなの邪魔だよね……」
「脱がせてあげる……」

 花畑の中心に立ったキミのズボンは、淫精たちの慣れた手つきによって簡単に脱ぎ取られ、大きく聳え立ったペニスに淫精たちが擦り寄っていく……

「あはっ……もう、こんなに大きくなってる……」

 淫精たちはキミのペニスに集まり、体全体を使って愛撫してくる……彼女らのリンプンがつけばつくほど、どんどんペニスが敏感になっていく……

「くす……大きくて、あっつぅいっ♪」
「鈴口からもう、我慢汁が出てる……」
「みんなで舐めて、いじめてあげよ……っ♪」

 キミのペニスは三人の淫精の小さな舌によって弄ばれていく……
 彼女らのひらひらとした服のくすぐったさとの相乗効果によって、ますますキミのペニスは大きく膨張し、精を撒き散らしたい衝動が湧き上がっていく……

「いいんだよ……お兄さん……」
「みんな、出して……せーえきで、いっぱい汚して……」
「ぜーんぶ、飲んであげるから……」

 妖艶な淫精たちの淫らな愛撫によって、キミのペニスは簡単に限界を超えてしまう……!!

 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ……! どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ……!

「ひゃん……」
「うふふっ……みんな、びちょびちょ……」
「お兄さん、早漏さん……?」

 白く汚れた淫精たちは美しくも淫らで、キミのペニスが元気を取り戻すことなど、いとも容易いことだった……

「もっと……気持ちよくしてあげるね……」
「ずっと…ここにいて……」
「全部忘れて……ここで楽しく暮らそっ♪」

 キミの心は完全に囚われていく……
 淫精たちの淫らな舞は、永遠に続いていった……




-BAD END-

二次創作もの ゲームブックCOMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。