ボクっ娘淫魔の巣窟 欲望の塔

FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

欲望の塔

 とても美味しそうに見える水……

 キミはたまらず、そのまま口を近づけて直接飲もうとした。

 口が水面にたどり着いた瞬間――

「ちゅっ……っ♪」

 キミの唇に柔らかいものが触れた。

 明らかに水とは違うぷるんとした柔らかい感触――

 それに気付いた瞬間、水の中に映っていたキミの顔は美しい女性の顔に変化し、水が人の形となってキミを抱きしめてきた……!

「ちゅぱっ……っ♪ ちゅっ……ちゅっちゅっ……」

 水だと思っていたものはどんどんと美しい女性の姿へと変わり、キミの口の中は彼女の舌に翻弄され、意識が朦朧としてきた……

 温かいぬくもりと甘い匂い、それに抱きついてくるローションのようなぬるぬるとした人肌に、キミはどんどん色欲に犯されていく……

「ふふっ……ちょっと無用心だったわね、勇者様?」

 美しい女の顔が妖艶に微笑んでいる……

 長い髪の少しキツ目の美貌を持つ女性……それは上位サキュバスの一人「リイム」なのだが、もはやキミには誰なのかすら分からない……

「少しからかってあげるくらいのつもりだったのだけれど、あんまりキスする時の顔が可愛いから、つい壊したくなっちゃった……ふふっ、もっともっと壊してあげるわね……」

 リイムは再び、キミと口づけを交わし――

 キミももっと彼女に舌で犯されたいと舌を出して絡めあう……

 ただそれだけだと言うのに、キミのペニスは膨張し、我慢できずに射精してしまう……
 
「あら……ふふっ。こんなに出して……もったいないわ。私が全部吸い取ってあげる……」

 リイムの下半身がスライムと化し、キミの下半身を取り込まれた……

 キミはキスで再び心ごと犯され、精液を撃ち放ち……

 スライムに取り込まれていく……
 
 もはやキミは快楽に囚われた囚人でしかなかった……




-BAD END-

二次創作もの ゲームブックCOMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。