ボクっ娘淫魔の巣窟 欲望の塔

FC2ブログ

欲望の塔

「ああ……勇者様、早くいらして……私のはしたないところを慰めてください……」

 キミはイプリンの言葉に導かれるままに、彼女のスカートの下、愛液で濡れ濡れとなった下着の近くにまで誘われていた……
 
 近づけば近づくほど、甘い女の匂いに包み込まれて、キミの意志は甘く溶かされていく……

「勇者様……私の恥ずかしいところ、見えますか……勇者様のことを考えるだけで、こんなに愛液が溢れてきてしまうんですぅ……」

 せつなげに囁くイプリンの声にキミはどんどんと興奮してきてしまう。
 キミはもはや愛液の匂いに支配される完全な肉奴隷と化してしまっていた……!! そのまま下着に自分の顔をくっつけてそのまま愛液を自分の口に注いでいく……!

「ああ、勇者様舐めて……っ♪ 私のいやらしいオマンコ汁を、全部飲んでぇ……っ♪ 私のことだけを考える奴隷になってください……っ♪」

 何も考えることができないまま、キミはただひたすらに彼女の愛液を貪っていく……甘く、いつまでもこうして飲んでいたいと思ってしまう麻薬のようなそれをすすり、飲み干し、吸い尽くすキミの股間は張り裂けんばかりに膨れ上がっていた……!

 キミはもう我慢できない……!
 男としての本能が、動物としての野生が、イプリンを犯したいと願い、行動へと移していく……!

「いいですよ、勇者様……入れて下さいっ♪ 勇者様の熱いおちんちん、私の中に入れて、いっぱいいっぱいどっぴゅんして下さいっ♪」

 キミは下着をずらして、濡れ濡れのオマンコの中にペニスを無理やり突っ込んだ……!

 それは、最高の名器であった。
 
 まるでペニスの全ての快楽神経を支配し、小さな触手で締め付け、犯しつくし、全ての精液を吸い尽くそうとする魔性の膣……それは勇者の聖なる力全てすら吸い尽くしてしまうかのような底なしの膣であった。

「勇者様、いっぱいいっぱいどぴゅどぴゅしてください……っ♪ いっぱい、動いて……っ♪」

 キミは必死に声を出して射精を堪えながら、イプリンの膣の中でペニスを差し入れする。

 だがそれは犯すと言うよりも犯されているかのような感覚であった。

 腰を振っているはずのキミこそが、イプリンの膣に犯され、快楽の中にキミの全てを連れ去ろうとしている……!!

「ふふふっ……いっぱい出して……全部出して……私に子種を出して下さい……っ♪ 全部出して、私たち淫魔の新しい時代を築く為の礎となって下さい……っ♪ いっぱい愛してあげるから、私がずっとずーっとえっちなことで溶かしてあげるからっ♪ ずっと私の虜になってなさいっ♪ ……勇者様っ♪」

 清楚の仮面が外れ、キミを吸い尽くそうとする無邪気な小悪魔の姿が露になっても、もはやキミは彼女の膣には逆らえない……!!
 何もかも分からなくなるような激しい快楽の中で、キミは全てを撃ち放ってしまう……!!!!!!!!!!!!

 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ…どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ…どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ……!
 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ…どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ…どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ……!
 どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ…どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ…どぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅどぴゅ……!

「くす……いっぱい出しちゃったわね、勇者様……これじゃあ、私、赤ちゃん出来ちゃうかもっ♪」

 気が遠くなる直前で、キミはイプリンの声を聞く……

「私が赤ちゃんを産めば、またたくさんの淫魔が生まれる……勇者様のお陰で、世界は淫魔のものに変わるの……ふふふふっ。その為に精子、いっぱいもらうから覚悟してね……ゆ・う・しゃ・さ・まっ♪」

 世界は勇者の血を引く淫魔によって支配されていくことになった……




-BAD END-

二次創作もの ゲームブックCOMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する