ボクっ娘淫魔の巣窟 相対正義ドーテイダー

FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

相対正義ドーテイダー

 「ふふっ……どう楽しませてもらえるのかしら」

 バニッシャー・バニーはウォーターベッドの上に座り込むと、色っぽく足を組んで見せた。

 自信たっぷりのようだが……やるしかない。

 俺はバニッシャー・バニーにキスをし、そのままベッドに押し倒した。

 「あんっ。強引ね……でも、好きよ。そういうの」

 俺はそのまま彼女の首筋にキスをした。そのままの流れで下へ下へと移動し、彼女の秘部の前へと移動した。

 バニッシャー・バニーの秘部の前に座り込み、レオタードをずらして、中を覗き見る。濃厚な薔薇の香りが更に強くなったような気がしたが、俺は彼女の《秘密の花園》を下を使って舐め始めた。

 「あっ……いいわぁ……あんっ」

 舐めれば舐めるほど、バニッシャー・バニーは甘いあえぎ声を漏らしていく。

 効いているのか……?

 だがまだ余裕があるような気もする……

 何か裏があるような……

 それにしてもこの薔薇の香り……

 すごく濃厚で、いやらしくて……もっともっと嗅いでいたいような……

 良い香りだ……

 俺の男根もどんどん大きく張り詰め出して……

 「――ッ!?」

 俺はハッとした。ひょっとしてこの香りが……

 「――ふふっ。ダメよ」

 バニッシャー・バニーは俺の頭に自分の足を絡めてきた。色っぽい網タイツのついた足に絡まれ、その感触が更に俺の男根を膨れ上がらせる。

 俺はすぐに払いのけようとしたが――

 「……………ッ!!?」

 俺はとんでもないことに気付いた。立ち上がることができない。まるで力が入らないのだ。

 「ふふっ。ダメよ……アナタはもう私の奴隷なんだから……もっと舐めなさい。最高の快楽を与えて殺してあげる……」

 バニッシャー・バニーは妖艶で残酷な笑みを浮べて、俺を見下ろしながらそう言った。

 「……何を、した……?」

 「ふふっ……アナタ、アルラウネという妖精はご存知?」

 「アルラウネ、だと……?」

 「美しい花の妖精で、体からは男を誘惑するフェロモンを発して、男達を引き寄せては至高の快楽を与えて殺してしまう……ふふっ。もともとは幻想上のものだと思われていたのだけれど……私達はその伝説と同じように、男を完全に魅了し、操り人形と化す植物を作り上げた……それが今、アナタが嗅いでいる薔薇の花……アルラウネよ……どう? おちん○んがもう耐えられなくなるくらい大きくなってきたでしょう?」

 「ぐっ……」

 確かに俺の男根は先ほどまでとは比べ物にならないくらいに膨れ上がっている。

 このままでは魅了されるのも時間の問題だ……

 「理性を保てているのは強化スーツの影響なのかしら、それともあなた自身の精神力……どちらにしてもそそられるけれど……もう、時間の問題ね。私の体はアルラウネと共にある……私と戦えば戦うほど、アナタはアルラウネの香りに魅了されていく……ふふっ、どうするつもりかしら」

 「くっ……」

 どうすればいいんだ。このまま《秘密の花園》を攻め続けるべきか、それとも他に何か方法が――



 Ⅱ-Ⅰ 《秘密の花園》を攻め続ける。

 Ⅱ-Ⅱ  編みタイツを破って足を攻める。




現代もの 相対正義ドーテイダーCOMMENT(0)

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。